忍者ブログ
日下部神菜のヲタな日常とサークル『空想製造所』の諸々。 ※2013/3/14ブログ名変更となりました。 変わらぬお付き合いをよろしくお願いします。
[124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114
なにげにTOSクリアしました~~。
とりあえずのクリア後キャラ別感想。『続きを読む』からドウゾ。


お昼過ぎに、ダンナーのご両親が遊びに来てくれました。
お出かけついでに、ヴァレンタインフェアで出てたリンツのチョコが入ったひつじさんのぬいぐるみを見つけて、「かんなに~」と持って来てくれたのです。
ひつじさんは可愛いし、リンツのチョコはおいしいし、幸せ~♪

ひつじさん

右のミルク缶がモツ(爆)で、中に丸いチョコが入ってます。
うちにちっちゃな湯たんぽがあるので、そのカバーになれないかなぁ。微妙に入り口が
小さいので、入れるときキュウキュウで大変なんだよね; それにあの可愛さをあしげにするのは……おおう;

[:ラブラブ:]Web拍手ありがとうございます!

>カヤキさん
原稿お疲れ様でした~! 無事に会場に届く事をこちらも祈っております。

他、ノンメッセ拍手もありがとうございます。

TOSクリア記念★キャラ別感想

ハイ、ここをご覧の方はTOSをクリア済みと仮定して、一気に行きますよ!
まだ未プレイで、プレイする予定のある方は回れ右ーー。



なお1周目で、いきなりクラトスルートに挑みました(大爆発)
この事ふまえ、以下お楽しみ下さいませ。


・ロイド
飛んだぁぁぁぁぁぁぁぁ!(爆)
そして壮大なケーキカットをありがとう! お腹いっぱいだよ!! すぐ減るけどな!(ロイコレロイコレ~♪)
この子は本当にまっすぐで健気で良いですね~。
みんなをウィルガイアで迎えに行くシーンなんて、すごく良かったですよ!
こんなロイドだから、みんなロイドについてくって決めれたんですね。
ここまでまっすぐで少々心配になるのですが、クラトスが評価したとおり、「間違いを認める勇気を持っている」限り、この子は大丈夫でしょう。
何回も間違いながら、それでも最良の道を模索し続けたロイドくんは、本当に偉い。
プレイ上は私の代理な為、変な選択、バカな選択、アホな選択ばっかさせてごめんよ、本当に;

「父さん」と「親父」がくれたマテリアルブレード、という展開が大好きなので、ラストダンジョンで強力な武器を手に入れても、結局その2本を手にミトスに挑みました。


・コレット
この天然メイデンにはやられまくりました!
特にシルヴァラント編終盤、しゃべる事すらままならなくなってもなお、微笑みを絶やさなかった彼女。
それが自分にできる最良な事と、信じていたからこその強さ。
それが無惨にも砕かれ、天使にもなれず人間にも戻れず、そんな苦悩の中で初めて本気で「生きたい」と願って、そんな自分に後ろめたさを覚えて……。
本当につらかっただろうな。
そんな苦境から救ってくれたロイドと仲間たちが、本当に本当に大好きなんだろうな。
普段の彼女は、天然で可愛いなぁ(^^)
特にロイドと話してるときにボケッぷりには、リーガルじゃなくても苦笑しちゃうって!
しかもロイドはロイドで普通に話してるつもりだし!(萌)
ダメだー、大好きだー。天然カポーばんざーい!!(爆)


・ジーニアス
フラノールの恋愛イベントで真っ先に離脱して、「今までの俺たちの友情って……」とうちひしがれた日下部ロイドを尻目に、姉さんとねこにんさえいれば幸せ街道ねこまっしぐらな状態で。いや、いいんだけどさ……(爆)
この子にはすごく助けられました。主に戦闘で。
でっかいけん玉をかこかこプレイしながら呪文詠唱する様は、斬新すぎて言葉もありません,天才様(大爆発)
一見ひとっなつこそうなので、ロイドやコレット以外の人間とはあまり交流を持ってなかったというのは、意外だったなー。
その後の旅で、人間嫌いになるのは分かるとしても、多分エルフも好きじゃないと思う。実に子どもらしい意見ではあります。
意地っ張りで見栄っ張りで、だけど臆病。それが救いの塔イベントに集約されていると思います。
「最後にかっこわるいとこ見られたくないんだ!」とか、ロイドが去ってから「大好きだよ、ロイド」とつぶやいてみたりとか……。
キュンキュンですな!
あと、救いの塔でリフィルが離脱したとき、半狂乱だったと思います(あんな別れ方だからねー……)
「いやだぁぁぁぁ、ねえさぁぁぁぁぁぁん!!」とかって、ステキ折笠ボイスでしゃべられたら、卒倒してしまいます!(何)
なくて正解だと思うけど、あったら感動しちゃって号泣だったろうなー;


・リフィル
リフィルといったら、アスカードでしょう!!!!!(何)

ベスト・オブ・リフィル

本当に思いました。「この人はマジだ………☆」と!
そんなエクスフィア装備した身体で、一般人蹴り飛ばしてはいけません、リフィル様!(爆)
なにか失言するたびに折檻されてるジニやロイドが、本当に痛そうなんですけれど;
彼女だけが覚えていた、『捨てられた記憶』。つらかっただろうな。遺跡マニアになった根本もそこにあったわけだし(違う方に傾いて、弟は心労が絶えないようですが)
10歳すぎたばかりの女の子が、生まれたばかりの弟抱っこして、ひたすら親が迎えに来てくれると信じて待ってるというのは……、泣いてしまいますよ?
そんな過去の彼女だからこそ、救いの塔イベントががぜん輝きを放つと思うのですよ!
「あなたの理想がついえるとき、それは私の希望が死ぬとき」
すごい台詞だ……! 大好きだよ………!

システム面なんですが、自分の操作ミスで先生がなかなか『ナース』を覚えてくれず、回復役として機能し出したのは、なんと終盤に差し掛かってから。
『ハートレスサークル』を覚えてくれたのは、よりにもよって最後のミトス戦でした(大爆発)


・クラトス
フラノールの恋愛イベントで、2位だった事が発覚したパパン(爆)
…………抜けてた時期、すごくすごく長かったのにね………。この息子ラヴめ……!(大爆発)
将来の娘(笑)と一緒に、ピコハンで突撃する様は、もう古代大戦の勇者様とは思えません、パパン!!!
ロイドと彼が親子だというのは、同人誌やサイトさんで知ってたのですが、「さてさて、いつその事実が発覚するのかな?」と楽しみにしてたら、最後の最後でした。
……この事実、TOS最大のネタだったんすね………!?(爆)
この事実、知ってプレイするのと知らずにプレイするのとでは、大違いっす……!
多分知らずにプレイしてたら、クラトスのことを「なんだ、このおにーさんわ」と思ってた事でしょう。
知ってるともう「ああ、心配なのね……」と手に取るように分かる。父さん……!
ファーストエイドの優先順位もロイドが1番だしな。父よ、コレットも同じくらいヤバいとき、あったゼ………?(爆)

紫の衣装から白の衣装にお着替えしたとき、「貴様、龍王丸か何かかぁぁぁぁぁ!」とか叫んで、ごめんなさい(大爆発)


・しいな
なんでだろう、彼女とはすこぅしだけ馬が合わなかった。
性格がとかじゃなくて、戦闘スタイルが、だと思う。今度は育て方に注意しよう;
んで、性格なんですが、めためた可愛いじゃないですか! カンナちゃん寄りで、ナイス。
おっちょこちょいでおせっかいなのも、とことんカンナちゃんだな(^^)
そしてゼロスへのつれない態度もステキ。一番大好きなのは、ミズホを過ぎたあたりのスキット『しいなが立派なのは……』(笑)
ゼロスくんがいなくなった直後の、救いの塔イベント、つらかったな………。「素直になれたら……」もそうだし……。
ウィルガイアでの、自己との戦いも良かったです。物語中、1番強くなった人だと思う。
彼女を変えたのは、コリンとの出会いと別れだったと思います。
しいなはコリン抜きには語れませんね……!

ところで、くちなわとの決闘なんですが、評決の島がどこにあるのか分からず、決闘ができてません!!!(大爆発)
これが済まないと、頭領衣装が手に入りませんですよ………!?
でも……、どこ………?(ぐふっ)


・ゼロスくん
まずは黙祷。ゼロスくん、本当にごめんなさい!
クラトスルートを見たいがばかりに、彼を見殺してしまいました………。
いや、自分が見たかったから当然の結果なのですが、その選択をした後、
「私……、自分の欲の為に、ゼロスくんを犠牲にしたんだ」
と嫌悪に陥りまして;
まだゼロスくん生存EDは見てないのですが、多分幸せになってると思いま……ううっ(;;)
でも、ゼロスくんの「裏切り」の理由が、やっぱ信じられない……; なんとかこじつけて、「ゼロスは悪い奴ということで、すっぱり忘れてくれや」と言われてるような気がしてならないのですよ。
彼の苦しみとか悲しみとか、分かってあげられないまま、逝かせてしまった……。ビキニパンツのまま、逝かせてしまった…………!(爆)
ビキニのまま羽が生えたとき、本当どうしようかと思いました……;

2周目は、真っ先にゼロスくんEDを見たいです。うう…………っ(;;)


・プレセア
特になんとも思ってなく(ハマるとかハマらないとかね)、エクスフィアの実験体として利用されていた事に強い悲しみと同情を覚えていたのですが。
EDの笑顔にやられた……!
そうか、あんなふうに笑うようになるのか………!!! 良かったなぁ………!!!
ジニめ、女を見る目だけはあるな………!(爆)
彼女の名シーンは、救いの塔イベントがあげられるのですが、私としては、父親の死に気付かず無感情に働いているシーンを推したい。
エクスフィアによって、どれだけ理不尽な事が起こっているのか、それを最も象徴しているシーンだと思います。
これを入れる、と英断したスタッフの皆様、すごい。
名台詞は、「許すより怒りに身を任せた方が、気持ち良かったから……」。そこから一歩踏み出したプレセア。本当の意味で、人生がはじまったんですね……!(涙)

どーでもいいのですぐぁ、ジニのねこにんスーツにもし肉球がついていたらと思うと……、楽しくありません!?(爆)
リーガルと結託して、ジニ捕まえて………! ジニもプレセアが迫ってくるから、まんざらでもないのさ!(大爆発)


・リーガル
世界ビックリおじさんショウに出れそうな、愉快な方ですよね(大爆発)
マイ包丁の発言に、大いに喜びました。おっちゃん、ステキ……☆
彼の口からはよく「罪」という言葉が出てくるのですが、そのために手を封じているってるのは、結局逃げてるように見えてたです。最終的には、それは償いにならないって気付いてくれて良かったです。
多くを語らぬくせに、意外とおしゃべりなリーガル、救いの塔イベントはかっこ良かったですよ!
その世話好きな性格が手伝って、ロイドの宿題も見てそうです(笑)
クラトスが合流してからは、2人がかりで……。うっ、萌える!(そんなヒマねってば;)
その様を見たゼロスくんに(ありえないけど)、「ロイドくんったらモテモテだねぇ」って言われてそう。そして渋いお兄さん2人が苦い顔してんのさ(爆)


・ミトス&その他
全ての元凶。
多分マーテルを失った時点で、狂ったんだろうな………。
ジーニアスが現れたことで、少しでも変われたら良かったんですが……。
本当、「分らずや」でしたねぇ。4000年も意固地にやってたら、そうなるか;

ユアンって、オリジン解放後どうなったのか分かってないのですが、ご健在? もしかして亡くなってる……? 確認せにゃ;
最初ただのテロリストかと思いきや、どんどん設定がでかくなっていった人。ビックリだった;

五聖刃、ロディルに会いたくて仕方なかった!(爆)←壱村先生の漫画から入ったから。
結構苦しめられたね; てゆか、木喰思い出しちゃうわ(^^;
レミエル様もステキでしたね。4大天使の空位って、マーテル様んとこでしょうか?
漫画の『悪徳天使』というのに大ウケっした(^^)



・ロイド&コレット
シルヴァラント編最大の萌えシーン、ロイドがコレットをギュッと抱きしめるとこ。最高でしたよね……!
シルヴァラント編は進めば進むほど悲壮感漂うので、とても痛かったです;
その後テセアラ編に進んでも、不完全な要の紋のためにいつ天使状態に戻るか、戦々恐々としてました。その後の病気も怖かったし。
それでも、必ず助けるとがんばり続けたロイドと、それを信じ続けたコレット。
今はまだ友だちの域を脱してませんが(コレットはすでに脱してますが;)、恋人になったら良いカップルになるんだろうな。そして果てしなく天然バカッポーへ発展してくらはい(爆)
でも、恋人になる前に一悶着ありそうですよ! ロイドの事です、意識し出したらガチガチですよ、きっと! 告白はコレットからでしょうね、あいつらなら!(爆)
てゆか、ロイコレが読みたいです。まだ読んだ事すらない; あさろう、うん。



すんげー長くなりましたが;

ここまで「みんな好き」ってゲームも最近では珍しいです。
サクラ大戦ですら嫌いな奴はいるし、実際歌謡ショウで見るまで、さくらとアイリスが苦手だったし。
でも、TOSは敵さんですら愛おしく感じる瞬間があります。不思議だなぁ。
とても良い作品でした。2周目もガンガン行きたいと思います!

以上です。
お付き合い下さいまして、ありがとうございました。

拍手

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
TOSクリアおめでとうございます!
そして、長丁場お疲れ様でした。

クリア感想、とっても楽しく読ませて頂きました。
すいません…私、てっきりコレットEDかと思っていたもので。
コレットちゃんとのEDも可愛いので是非見てくださいvv
フラノールの「雪うさぎ」はかなりきますからっ!!

・クラトスルート
パパルートだったのですね!私がプレイしていた時はネタばれがないままプレイしていたのですが、彼の見せる態度がなんだか「もしかして…父親?」と臭わせるものが多くて。(笑)終盤で父親とわかったときは「ああ!やっぱり」と。
ロイドがその事実に拒絶しまくるのは少し辛かったけど、でもその事実を受け入れていく過程がたまらなく愛おしかったです。スキット「父さんの肩車」は、たまらなくツボです!!
あと序盤のクラトスに自分の将来の夢を語るロイドのスキットとか…vvキュンキュンします…!

・ゼロスくん死亡ルート
ああっ…あれは、かなり来るものが…(TT)
私の勝手な解釈なのですが、ゼロスくんはこの世界が堪らなく嫌いだった。幼い頃に、母親から「お前なんて産むんじゃなかった」と言われ、そこでゼロスの取り巻く世界は死に絶えたと思うんです。自分を受け入れてくれない世界なら、世界を壊してしまえと。でも、叶わないと解かっていながらも決して諦めないロイドくんや仲間たちに感化されていく自分も許せなくなって…。一緒に旅している間、特に終盤は彼にとって、もっとも葛藤があった時期だと思います。そんな自分を許せたゼロスくんは生存し、許せなかったゼロスくんは死ぬ事を選んだ。もっとも、ゼロスくんはロイドの事を心の奥ですっごく憧れていたと思うんですよ。だから、せめてロイドの手で死にたかったんじゃないのかなって…思います。死ぬ事は、はっきり言っても「逃げる」ことなんですけどね。(神子の地位もセレスに押し付けて、自分勝手でヘタレで…)
訳がわからない解釈でスイマセン…(汗)。
詳しくは是非ゼロスくんの口から(ゼロスEDで)聞いてみてください。フラノールの恋愛イベントでは本当、驚愕の事実がわかりますから!なぜ「雪」が嫌いだとかもわかります!
そして、彼がとても愛おしくなります…vv

彼の優しさって、一見してわかりずらいものが多いので少しでも感じ取ってくだされば嬉しいですvv

本当、長々なコメントで申し訳ありません。(滝汗)
POP'n| | 2006/02/05(Sun)15:24:38| 編集
無題
こんにちは! コメントありがとうございます!

>パパルート
知らなくても気付くような、思わせぶりなとこは出てますよね……、ウフフ☆
まだ見てないサブイベントがたくさんなので、こちらも早く見たいです!

>ゼロスくん死亡ルート
やはし、恨んでたんだよなぁ……。何もかもを。
それをあんな風にふるまう事で、派手で分厚いオブラートで包んで、飲み下そうとして吐き出して……。おおう;;
もう少し彼の事を分かってあげれたら良かったのでしょうが、私の思考回路はむしろロイド寄りで、難しい事はちんぷんかんぷんなのですよ;
ゼロスくんとは1周目データではもうデート出来ませんが、2周目でがんばります!


コレットEDも絶対見ます~~~~!!(>▽<)
日下部神菜| | 2006/02/06(Mon)00:23:12| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Twitter
pixiv
ブログ内検索
Copyright ©   空想製造所建設予定地   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]